スポンサーリンク

コナンのラムの正体はせっかち!?候補一覧と最新情報は?

キャラクター

「見た目は子供、頭脳は大人」のキャッチフレーズでおなじみ、名探偵コナン。
コナンと黒の組織との対決は、ストーリーの大きな鍵となっています。

中でも2019年現在、注目されているのが、黒の組織のNo.2のラム
ついに動き出す大物の正体が気になっている方も多いことでしょう。

今回は、ラムの正体の候補一覧と最新情報についてまとめました。

「ラムの正体はせっかち?」と言われている理由についてもご紹介するので、よかったらご覧下さいね。

ポチッと押してくださいね!
(スマホでは下にもう1つアンケートありますので、
ご協力お願いします)

あなたの好きな名探偵コナンの映画は?(その理由を下のコメント欄に一言だけでいいので書いてくださいね)
  • それ以外の場合

コナンのラムの正体は?

では早速、コナンのラムの正体について考えていきましょう。
 
 

ラムの候補一覧

2019年現在、ラム候補と言われているのが、この3人。

・黒田兵衛
・若狭留美
・脇田兼則

 
 
中には伏兵として、

群馬県警のヘッポコ警部、山村ミサオが怪しい!

という意見も挙がっていますが…

この説は、個人的には可能性としては薄いんじゃないかなと。

組織のメンバー、バーボンの正体も、候補と言われていた3人の中から判明しましたもんね。

ラム候補も、現在怪しいとされている3人の中から浮かんできそうな予感です。
 
 
山村ミサオのラム説に関しては、こちらの記事をご覧下さいね。

コナンのラムの山村警部説が有力!?黒の組織のNo2は一体誰なのか?
名探偵コナンのラムは果たして誰なのか?年々謎が深くなっている黒の組織のNo.2であるラム。その正体がなんと山村警部説ではないか?との有力情報もあり。黒の組織のNo2は一体誰なのか?考察してみた。

まぁ怪しいと言えば怪しいですが…

もしかしたら、ラム候補の誰かが山村ミサオ警部に変装して潜入していた

という可能性ならあり得そうですね。

ラムの最新情報「せっかち」の意味は?

さて、肝心のラムの正体は、一体誰なのでしょうか?
 
 
注目したいのは、原作1029話での安室透の発言

コナンは安室透に対して唐突に、

RUM(ラム)って知ってる?

と尋ねました。
 
 
ラムについて、多くは話さなかった安室透でしたが、ただ一つ、

ラムはとてもせっかち

と答えたのです。
 
 
確かにラムは安室透ことバーボンに対して、何度も工藤新一の情報を求めていました。

こうした姿も、せっかちな人物像に繋がりますよね。
 
 
そして、1027話から始まった新章では、ラム候補のある一人が動き出したのです。

その人物こそ、脇田兼則

コナン、毛利小五郎、安室透といった、おなじみのメンバーが長野県に向かう中に、
なぜか脇田兼則も加わっていたんですよね。

まるで偶然かのように、毛利探偵事務所に現れた脇田兼則でしたが、
この行動が脇田兼則=ラムの疑惑を高めているんですよね。

なかなか情報を提供しないバーボンに我慢できず、ラム自ら情報収集に来た、ということではないでしょうか?

バーボンに「早くしろ」というプレッシャーをかける目的もあったかもしれません。
 
 
そして長野雪山の解決編である1031話では、ある人物から気になる発言がありました。

長野県警の警部である諸伏高明警部

安室透の親友だったスコッチの実の兄であることが判明した諸伏高明ですが、、

諸伏高明に関しては、こちらの記事をご覧下さい。

コナンの諸伏高明とスコッチの兄弟説が登場したのは何話?スコッチの本名判明!?
週刊少年サンデーにて、絶賛連載中である名探偵コナンで、突如判明したのが、諸伏高明とスコッチの兄弟説。その事実に衝撃を受けた方も多いことでしょう。今回は、諸伏高明とスコッチの兄弟説が登場した回と、スコッチの本名に関する情報についてまとめました。

 
 
そんな2019年現在注目を集めている諸伏高明が意味深に、
時は金なり」という言葉を発したのです。

「時は金なり」は、変換して並び替えると脇田兼則のアナグラムになる、というのは、有名な話ですよね。

コナンのラムは脇田兼則で確定か!?時は金なりは伏線かを考察した
名探偵コナンの中で、ファンが気になっているのが、脇田兼則でしょう。今回は、脇田兼則はラムで確定なのか、キーワードとなっている「時は金なり」が伏線なのか、考察をまとめてみました。

 
 
今回、諸伏高明が「時は金なり」という言葉を発したことで、
脇田兼則がラム、という可能性がより濃厚となりました。

この直前、諸伏高明は、ラム候補の一人である黒田兵衛と電話をしていたんですよね。

黒田兵衛は公安の裏理事官ではないか、という説が浮上していますが、

これが本当なら、黒田兵衛から諸伏高明へ、ラムの正体が告げられたんじゃないかな、と。

諸伏高明は、長野県警きっての頭の切れる刑事。
さらにはスコッチの実の兄ですから、味方として引き入れたかった、という組織上の背景も考えられます。
 
 
話はそれましたが、

原作1031話の時点では、脇田兼則がラム候補として一番怪しいと思われます。

まぁ、脇田兼則の見た目はどちらかというとギャグっぽいというか…
なんだか愛嬌のある、憎めないキャラクターに感じますよね。

劇場版20作「純黒の悪夢」では、姿は出ていないものの、ラムがちらっと登場していました。

あの黒の組織の女幹部、ベルモットですら、たじたじになるくらいのオーラを持つ、超大物のラム。

その素顔が脇田兼則だった、となると、なんだかシリアスさが欠けてしまう、と思うのは私だけでしょうか?笑
 
 
願わくば、脇田兼則は仮の姿であり、
ラムの素顔はもっと組織のNo.2にふさわしいものだと思いたいものです。
 
 
これはあくまでも個人的な憶測ですが、

ラム=脇田兼則=山村ミサオ警部の変装(81巻登場時)

っていうのも、あり得なくないと思うんですよね。
 
 
というのも、単行本コミック81巻の山村ミサオ警部、かなり怪しい描写が多かったんです。

いつもと口調が違っていたり、
以前会ったことがある京極真を忘れていたり。

それまで使っていなかった万年筆を、突然使い始めたり。


画像出典:Hulu公式ページ(第744話 容疑者か京極真 (前編))

灰原哀がその後、
「今時、万年筆なんて使っている人いるのかしら?」と言っていましたが、
これも何か関係していそうな予感、、

あの迷探偵である毛利小五郎が山村ミサオの異変に気付くくらいですから、
これは山村ミサオが別人だった、という伏線なのではないでしょうか?

あまりにも怪しまれすぎて、山村ミサオの変装をやめて脇田兼則にチェンジ、っていう展開もありかな、と。
 
 
ストーリーの中では、山村ミサオ警部は左目を不自然に閉じるシーンがあったんですよね。

これは片方の目が義眼だと判明しているラムに繋がるようにも思えます。
 
 
ファンの間でラムの正体について、様々な憶測が飛んでいる2019年現在。

ちょっと負けず嫌いの青山剛昌先生ですから、ちょっとひねった展開を期待してしまいますよね。

バーボンだと判明した安室透も、その正体は公安警察官という衝撃の事実が判明していましたし。
 
 
ラムの正体には、様々な考察をしていたファンも驚くような展開を期待したいものです。

スポンサーリンク

コナンのラム正体最新情報まとめ

いかがだったでしょうか?

コナンのラムの正体が判明したら、ストーリーが一気に動き出しそうな予感です。
同時に、残りのラム候補の正体も、浮かんできそうですね。

ついにクライマックス突入となるのでしょうか?
今後の展開からも目が離せませんね。

<2019年7月19日まで期間限定>
怪盗キッドが登場する銀翼の奇術師(マジシャン)、世紀末の魔術師を含むコナン映画12作がコチラのHuluで配信中です。今なら2週間お試し期間がありますので、今すぐ無料登録後ご覧ください。

▼怪盗キッドが登場する銀翼の奇術師(マジシャン)などの動画を無料視聴する▼

 
 

名探偵コナンの1話からの動画を無料で見る方法とは?

「コナンの動画を1話から見たい」
「コナンの1話の動画を無料視聴出来ないの?」
「コナンの1話って見たことないんだけど、、、」

と名探偵コナンの動画を見たいという方もいらっしゃるかと思います。

『名探偵コナン』の動画はこちらのHuluで配信しています。

シーズン1(1話)から、、、


 
 
シーズン22(850話)まで無料視聴できるのはこちらのHuluのみです。


 
 
今なら、2週間無料お試しができますので、コチラからHuluの2週間無料をまずはお試しください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメント