2018-10

スポンサーリンク
キャラクター

名探偵コナンイケメンランキングTOP10は?コナンファン歴19年が選ぶ栄えある1位は誰?

名探偵コナンには今までに、数々のイケメンキャラクターが登場してきた名探偵コナン。今回はコナンキャラのイケメンランキングをTOP10でご紹介しよう。コナンファン歴19年の私が選ぶ栄えある1位は誰か?あくまでも個人的な考えを含んでいるので、その点はご理解頂きたい。
映画

異次元の狙撃手のネタバレと感想は?赤井の了解の裏側ともう1人のゲスト声優とは?|コナン映画2014年

劇場版名探偵コナンシリーズ19作目として2014年に公開された「異次元の狙撃手(スナイパー)」。原作ファンが長い間気になっていたある事実が判明するのだ。赤井の了解の裏側とは?そしてもうひとりのゲスト声優とは?今回は、「異次元の狙撃手」のあらすじと感想、衝撃のラストシーン(ネタバレ)についてまとめた。
キャラクター

コナンの登場人物の名前の由来と元ネタは?安室透と赤井秀一の名前の秘密とは?

子供は勿論、大人も楽しめるミステリー漫画の金字塔、名探偵コナン。何度見ても、新しい発見があり、知れば知るほど楽しい作品となっている。実は、コナンの登場人物の名前の由来があることをご存知だろうか?今回は、コナンの登場人物の名前の由来についてご紹介しよう。その元ネタは?さらに、人気キャラである安室透と赤井秀一の名前の秘密にも迫る。
映画

水平線上の陰謀のネタバレと感想は?矛盾点の考察と声優一覧まとめ|コナン映画2005年

劇場版名探偵コナン。これからご紹介するのは、シリーズ9作目として2005年に公開された「水平線上の陰謀(ストラテジー)」。「水平線上の陰謀」の矛盾点とは?一体真犯人は誰だったのか?今回は、その「水平線上の陰謀」のあらすじと感想(ネタバレ)についてまとめた。それと声優一覧も紹介する。
映画

銀翼の奇術師のネタバレと感想は?意外な声優とキッドとの対決の行方は?|コナン映画2004年

名探偵コナン映画のシリーズ8作目として公開された「銀翼の奇術師(マジシャン)」を紹介する。人気キャラ、怪盗キッドが登場したことでも話題となった作品だ。コナンVS怪盗キッドの行方とは?また果たして犯人の動機は一体何だったのか?「銀翼の奇術師」のあらすじと感想(ネタバレ)についてまとめた。それと意外な声優が登場しているのをご存知だろうか?
映画

世紀末の魔術師のネタバレと感想は?犯人の動機とロシア語の読み方は?|コナン映画1999年

劇場版名探偵コナンの過去には、ミステリーファン大絶賛の名作も誕生した。今回、ご紹介するのは「世紀末の魔術師」。作中の人気キャラ、怪盗キッドが初めて登場したコナン映画だ。今回は、「世紀末の魔術師」の犯人の動機はなんだったのか?またロシア語ではなんて読むのかの謎も含めてあらすじ(ネタバレ)と感想についてまとめた。
映画

14番目の標的のネタバレと感想は?犯人とその動機&タイトルの意味とは?|コナン映画1998年

幅広い層を虜にするミステリーアニメ映画、劇場版名探偵コナンシリーズ。 1997年に第1作が公開し、現在は全22作品が発表されている。では、コナン映画の過去の名作についてご存知だろうか?今回は劇場版第2作目となった、「14番目の標的(ターゲット)」についてご紹介しよう。犯人は誰か?その動機とは?また14番目の意味とは?ネタバレと私の感想をお伝えしたい。
映画

時計じかけの摩天楼のネタバレ(あらすじ)と感想は?コナン映画1作目の名言と犯人の動機とは?

今や社会現象と言えるくらい、爆発的なヒットを記録している劇場版名探偵コナンシリーズ。コナン映画の原点となった、第1作の作品をご存知だろうか?タイトルは、「時計じかけの摩天楼」であるが、ある名言が生まれた。その名言とは?そして犯人の動機とは一体何だったのだろうか?今回は、コナン映画1作目、珠玉の名作と言われている「時計じかけの摩天楼」のあらすじと感想(ネタバレ含)についてまとめた。
映画

迷宮の十字路のネタバレと感想は?犯人の意外な動機と主題歌は?|コナン映画2003年

ミステリーアニメ映画の金字塔とも言える、劇場版名探偵コナンシリーズ。 そんな大人気の歴代コナン映画の人気投票。そこで第1位に輝いた作品こそ、「迷宮の十字路(クロスロード)」なのだ。今回は、「迷宮の十字路」のあらすじと感想(ネタバレ含)についてご紹介しよう。犯人の意外な動機とは一体?また主題歌も紹介する。
映画

ベイカー街の亡霊の考察(ネタバレ)と感想は?放送禁止の噂の真相と名言とは?(コナン映画2002年)

子供から大人まで楽しめるアニメ映画の代表である、劇場版名探偵コナンシリーズ。 今までに22作品が公開され、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。 そんな中でも、名作として定評がある作品の一つが「ベイカー街(ストリート)の亡霊」。 今回は...
スポンサーリンク
error:Content is protected !!