瞳の中の暗殺者のネタバレと感想は?コナン映画2000年公開の声優一覧と犯人の動機とは?

今までに22作品が公開された、劇場版名探偵コナン
大人になっても楽しめるアニメ映画としても定評があるシリーズ作品だ。

中でも、名作と言われている作品の一つが、「瞳の中の暗殺者」。

コナンをあまり知らない方でも、「これは好き!」という声も挙がるくらい、知名度の高い作品だ

今回は、「瞳の中の暗殺者」のあらすじと感想についてまとめた。
犯人の動機は何だったのか?
ネタバレ含むので未見の方は注意して読んでいただきたい。

それと声優一覧も紹介する。

 
 
名探偵コナン原作の直近のネタバレは以下からご覧ください。

2019年40号
(2019年9月4日)
2019年39号
(2019年8月28日)
1040話(紅葉の挑戦状②)
2019年38号
(2019年8月21日)
1039話(紅葉の挑戦状①)
2019年36・37号
(2019年8月7日)
1038話(堆黒盆④)
2019年31号
(2019年7月3日)
1037話(堆黒盆③)
2019年30号
(2019年6月26日)
1036話(堆黒盆②)
2019年29号
(2019年6月19日)
1035話(堆黒盆①)
2019年28号
(2019年6月12日)
1034話(山菜とり③)
2019年24号
(2019年5月15日)
1033話(山菜採り②)
2019年23号
(2019年5月8日)
1032話(山菜採り①)
2019年21&22号
(2019年4月24日)
1031話(長野雪山編⑤)
2019年15号
(2019年3月13日)
1030話(長野雪山編④)
2019年14号
(2019年3月6日)
1029話(長野雪山編③)
2019年13号
(2019年2月27日)
1028話(長野雪山編②)
2019年12号
(2019年2月20日)
1027話(長野雪山編①)
2019年11号
(2019年2月13日)
1026話(京極ドラマ撮影編⑤)
2019年6号
(2019年1月6日)
1025話(京極ドラマ撮影編④)
2019年4・5合併号
(2018年12月26日)
1024話(京極ドラマ撮影編③)
2019年2・3合併号
(2018年12月12日)
1023話(京極ドラマ撮影編②)
2019年1号
(2018年12月5日)
1022話(京極ドラマ撮影編①)
2018年53号
(2018年11月28日)

「瞳の中の暗殺者」のあらすじ

劇場版第4作目として、2000年に公開されたのが、この「瞳の中の暗殺者」。

2016年に行われた、歴代映画(当時、全19作品)の人気投票。
この時に第3位にランクインした作品でもある。
 
 
では早速、「瞳の中の暗殺者」のあらすじについてご紹介しよう。
 
 
高校生探偵の工藤新一が小さくなった姿である、小学生の江戸川コナン

コナンは、クラスメイトである小嶋元太、円谷光彦、吉田歩美と雨の中を歩いていた。
 
 
そんな時、突如コナンらの前で射殺事件が発生。
ターゲットとなったのは、現職の警察官、奈良沢治警部補だった。

さらにその後、芝陽一郎巡査部長も、何者かに射殺される。
 
 
相次いで起きる、警察官連続殺人。

警視庁が厳戒体制に入る中、捜査一課の白鳥刑事の妹の結婚を祝う会が行われた。
コナンや探偵の毛利小五郎、その娘の蘭はパーティーに参加。

さらに参加者の中には、警察関係者の姿もあった。
 
 
一連の警官連続射殺事件の詳細を聞こうとする毛利小五郎。
その中で、犯人は警察関係者、という説が浮上していることが判明した
 
 
パーティーの最中、トイレに行っていた警視庁の女刑事、佐藤美和子警部補
トイレで偶然、毛利蘭に遭遇するが、突如、会場は停電。

そして、毛利蘭の目の前で、何者かに佐藤美和子警部補が撃たれてしまった
 
 
そのショックで記憶を失ってしまった毛利蘭
さらには、顔を見たと思われる犯人から命を狙われることに。
 
 
犯人は一体誰なのか?
コナンは毛利蘭を守りきり、記憶を取り戻すことができるのか?

 
 
「瞳の中の暗殺者」は、ミステリーの王道といえる作品だ
 
 
キャッチコピーは、

「蘭の瞳に隠された狙撃犯(スナイパー)を探せ!」
「Need not to know….」(知る必要の無いこと)

だ。

「瞳の中の暗殺者」の感想(※ネタバレ)

では、ここからは「瞳の中の暗殺者」を観て感じた、個人的な感想についてご紹介しよう。

一部ネタバレを含んでいるので、未見の方はご注意頂きたい。
 
 
「瞳の中の暗殺者」は、ミステリーの王道を貫いた作品となっていた。
 
 
一人目の被害者が序盤に殺されて、事件が始まる。
続いて、二人目の被害者が出て、ストーリーはさらに加速。

さらには事件の捜査が進む中、新たな被害者が出る。

まさに2時間ミステリーのお手本というような、王道の展開となっていたのだ
 
 
王道だけに、「瞳の中の暗殺者」が嫌いという人には、今まで出会ったことがない。

分かりやすい展開であるため、誰でも内容に入り込みやすい、というのもあったのではないだろうか。
 
 
個人的にも、「瞳の中の暗殺者」は、歴代のコナン映画の中でも指折りの好きな作品。

100分という限られた時間の中で描かれる、濃密なストーリー
その世界観に魅了され、スクリーンから目を離せなくなったのは、忘れられない。

ストーリーが終盤へと進むにつれ、まるで映画と一体化したような感覚に包まれたのだ。
 
 
今回、キーとなっていたのは、「犯人は左利き」ということ。

しかし、容疑者全員が左利き、という展開は、当時は思わずツッコミたくなったものだ。

今でこそ、左利きの子供が増えてきている。
しかし、公開した2000年頃は、サウスポーというだけでまだ珍しがられた。

かくいう私も左利きなので、その好奇の目を受けることには慣れていたものだが…

しかしながら、容疑者全員が左利きという点。
これが捜査を撹乱して、真犯人への伏線にも繋がっていた。

全員が左利きという違和感に目を瞑れば、この構成はさすが、と言った所だろう。
 
 
ミステリー要素としては申し分ない、この「瞳の中の暗殺者」。

さらには、観た人をドキドキとさせるようなラブ要素にも注目せざるにはいられない。
 
 
事件のショックから、記憶を失ってしまった毛利蘭。
蘭は、命がけで自分を守ってくれる小学生のコナンに、素朴な疑問をぶつけたのだ。

どうしてこんなに守ってくれるのか。

それに対してのコナン、いや工藤新一の答えは、ときめくものがあった。
 
 

「オメエのことが好きだからだよ
世界中の誰よりも…」

 
 
この台詞のカットでは、コナンのバックに工藤新一の姿も。

(「瞳の中の暗殺者」コミック版より)

恐らく毛利蘭からのビジョンとしては、このように映っていたのだろう。

女子なら一度は好きな人に言われてみたい名台詞となっていた。

これを告白の言葉に使いたい、と思った男性も多かったのではないだろうか。

しかしお伝えした通り、ここまで人気作品へと成長となってしまった本作。

それだけに、ネタとして捉えられそうという懸念があった、という意見も聞いたことがある。
 
 
まぁ偶然にも、この台詞は、毛利小五郎のプロポーズの言葉と一緒だった訳だが…

それを知って、「同じ発想ってこと?」と落胆するコナンの姿も、なんとも印象的だった。

探偵という職業は、思考回路が似てきたりするのだろうか…
 
 
そして、ストーリーのクライマックスで、ようやく記憶を取り戻した毛利蘭
コナンに襲いかかる犯人を、お得意の空手で見事撃退したのだ。

それまでは記憶喪失から、目に覇気が感じられなかった毛利蘭。

記憶が戻った後は、「これでこそ毛利蘭!」というくらいの、生き生きとした顔となっていた。
 
 
見た目はとても可愛らしい女の子である毛利蘭。
その裏にある、空手の有段者という顔

毛利蘭をターゲットとしてしまうとは、犯人もつくづく運がない奴だ。
ボコボコにやられる姿は、まさにお気の毒、といった所だろう。

まぁ自業自得ではあるのだが…
 
 
また、今回のキャッチコピーの一つである、「Need not to know….」(知る必要の無いこと)

この「Need not to know….」(知る必要の無いこと)は警察での隠語のようだ。
 
 
終盤、小田切警視長に何者なのか尋ねられたコナンは、この言葉で一刀両断した。

僕はただの小学生だよ」と笑いながら話すコナンは、只者ではないオーラが滲み出ていた。
 
 
「瞳の中の暗殺者」は、観ている人を飽きさせない、色々な意味でのドキドキの連続が詰まっている。

見所が満載なので、一度はチェックしておきたい名作だ。

「瞳の中の暗殺者」犯人の動機は?

刑事達が次々と狙われた、連続射殺事件

その犯人は











心療内科医の風戸京介だった。

風戸京介が今回の犯行に至った理由
それは、7年前まで遡ることとなる。
 
 
当時、東都大学付属病院で、若手No.1の外科医として活躍していた風戸京介
ある日、仁野保医師と共に、共同で手術を行うこととなった

そんな手術中に事件は起きた。

仁野保は、風戸京介の左手首を誤ってメスで切ってしまったのだ

利き手である左手を傷を負った風戸京介。
それにより、腕が落ちてしまった風戸は、外科から心療科に転向することを決めたのだった。
 
 
それから月日は経ち、1年前に偶然再会した風戸京介と仁野保。

そこで、風戸京介はずっと感じていた疑念を仁野保にぶつけた。

「あの事故はわざとだったのではないか」

と。

仁野は笑いながら、「お人好しなんだよ、オマエは」と答える。

やはり、あの事故はわざとだった。
そう知った風戸京介に、殺意が芽生える。

当時、仁野保は手術ミスで訴えられていた。
そこで、風戸京介は自殺に見せかけて、仁野保を殺すことにしたのだった

案の定、仁野保は自殺ということで、捜査は終結。
 
 
しかし、心療内科にカウンセリングに来た奈良沢刑事より、この事件が再捜査されることを知った。

その捜査の手が自分の身に及ぶ前に、風戸京介は3人の刑事を次々と撃ったのだった。

「瞳の中の暗殺者」声優一覧

ここからは、「瞳の中の暗殺者」の声優のご紹介だ。
 
 
まず、メインキャラクターはこちら。

・江戸川コナン役 高山みなみ

・毛利蘭役 山崎和佳奈

・毛利小五郎役 神谷明

・工藤新一役 山口勝平

・灰原哀役 林原めぐみ

・目暮十三役 茶風林

・阿笠博士役 緒方賢一

・妃英理役 高島雅羅

・吉田歩美役 岩居由希子

・小嶋元太役  高木渉

・円谷光彦役 大谷育江

・鈴木園子役 松井菜桜子

・白鳥任三郎役 塩沢兼人

・栗山緑役 百々麻子

・高木渉刑事  役高木渉

・千葉一伸刑事役 千葉一伸

・佐藤美和子刑事役 湯屋敦子

・小田切敏郎役 中田浩二
 
 
ここからは、劇場版オリジナルキャラクターだ。

・仁野環役- 深見梨加

・友成真役 森川智之

・小田切敏也役 江川央生

・仁野保役 内田直哉

・奈良沢治役 島香裕

・芝陽一郎役 山野井仁

・白鳥 沙羅役 大原さやか

・晴月光太郎役 山野井仁

・友成 信勝役 大山高男

・風戸 京介役 井上和彦
 
 
ちなみに、白鳥任三郎警部の声優を務めた塩沢兼人氏が不慮の事故で亡くなった後、白鳥警部役を務めているのが、この映画の犯人役である風戸京介役の井上和彦氏というところも非常に興味深い。

改めて、塩沢兼人氏のご冥福をお祈りします。

 
 
名探偵コナン原作の直近のネタバレは以下からご覧ください。

2019年40号
(2019年9月4日)
2019年39号
(2019年8月28日)
1040話(紅葉の挑戦状②)
2019年38号
(2019年8月21日)
1039話(紅葉の挑戦状①)
2019年36・37号
(2019年8月7日)
1038話(堆黒盆④)
2019年31号
(2019年7月3日)
1037話(堆黒盆③)
2019年30号
(2019年6月26日)
1036話(堆黒盆②)
2019年29号
(2019年6月19日)
1035話(堆黒盆①)
2019年28号
(2019年6月12日)
1034話(山菜とり③)
2019年24号
(2019年5月15日)
1033話(山菜採り②)
2019年23号
(2019年5月8日)
1032話(山菜採り①)
2019年21&22号
(2019年4月24日)
1031話(長野雪山編⑤)
2019年15号
(2019年3月13日)
1030話(長野雪山編④)
2019年14号
(2019年3月6日)
1029話(長野雪山編③)
2019年13号
(2019年2月27日)
1028話(長野雪山編②)
2019年12号
(2019年2月20日)
1027話(長野雪山編①)
2019年11号
(2019年2月13日)
1026話(京極ドラマ撮影編⑤)
2019年6号
(2019年1月6日)
1025話(京極ドラマ撮影編④)
2019年4・5合併号
(2018年12月26日)
1024話(京極ドラマ撮影編③)
2019年2・3合併号
(2018年12月12日)
1023話(京極ドラマ撮影編②)
2019年1号
(2018年12月5日)
1022話(京極ドラマ撮影編①)
2018年53号
(2018年11月28日)

 

Push7

Push7

無料posted withアプリーチ

「瞳の中の暗殺者」まとめ

いかがだっただろうか。
「瞳の中の暗殺者」は、コナン映画の中でも人気、知名度共に高い作品。

まさに傑作という言葉がふさわしいものとなっていた。

2019年公開の最新映画情報も気になるこの頃。
これを機に、過去の名作を振り返ってみてはどうだろうか。

 
 

名探偵コナンの1話からの動画を無料で見る方法とは?

「コナンの動画を1話から見たい」
「コナンの1話の動画を無料視聴出来ないの?」
「コナンの1話って見たことないんだけど、、、」

と名探偵コナンの動画を見たいという方もいらっしゃるかと思います。

『名探偵コナン』の動画はこちらのHuluで配信しています。

シーズン1(1話)から、、、


 
 
シーズン22(850話)まで無料視聴できるのはこちらのHuluのみです。


 
 
今なら、2週間無料お試しができますので、コチラからHuluの2週間無料をまずはお試しください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメント

error:Content is protected !!