ゼロの日常15話のあらすじと感想は?安室透と風見裕也のカレー屋はどこ?

現在、週刊少年サンデーにて注目を集めている作品、「ゼロの日常(ティータイム)」。

こちらは、名探偵コナンの公式スピンオフ作品となっている。

原作者、青山剛昌先生が完全監修しているため、原作ファンも気になっていることだろう。

今回は、「ゼロの日常」第15話のあらすじと感想についてまとめた。

「ゼロの日常」第15話の登場人物

ではまず、「ゼロの日常」の第15話に登場する、主なキャラクターについてのご紹介だ。
 
 
・安室透

本作の主人公

黒の組織に潜入して捜査を行っている公安警察官だ
安室透」は偽名であり、本名は「降谷零」。

普段は正体を隠すため、喫茶ポアロでバイトをしている私立探偵として振る舞っている。
 
 
・風見裕也

警視庁公安部に所属する警察官
階級は警部補

安室透こと降谷零の右腕として、サポート役を担っている。
降谷零には絶対服従の精神を持つ。

降谷零が黒の組織に潜入していることを知る、数少ない人物だ。

「ゼロの日常」第15話のあらすじ

では、「ゼロの日常」の第15話のあらすじについてご紹介しよう。
 
 
TIME.15 「カレーに失礼」
 
 
ある日の昼下がり、公安警察官の風見裕也はある場所に向かっていた。

辿り着いた先は、カレー専門店
店内は、汗だくでカレーをかきこむ客で賑わっていた。

大人気店と思われるそのお店は、お昼時ということもあり満席

店員に相席をお願いされ、風見裕也は快く受け入れた。

案内された席にいた人物。
それは、風見裕也の上司である、降谷零だった


 
 
風見裕也が降谷零を見ると、彼の額には傷が。
降谷は、「昨日、ちょっとね‥」と、深くは明かさなかった。
 
 
昨日」という単語で思い出した捜査内容を報告していた風見裕也。
しかし、店員が注文を取りに来たことで、話を中断した。
 
 
降谷零は、チキンカレーを中辛で。

一方の風見裕也は、ビーフカレーを激辛で注文した。

店員は、「激辛はかなり刺激が強くなっている」と確認がてら念押し。
風見裕也は、「問題ないです、どんとこいです!」と力強く答えた。
 
 
料理が到着して、添え物の福神漬けに手を伸ばす風見裕也。

しかし、降谷零はこう答えた。

「ここのコクのあるカレーには、赤い福神漬けよりも、自家製の酸味の利いた白いラッキョウがよく合う!」

と。

栄養豊富で消化も助けてくれる、と続けた降谷零。
そんな上司の言葉に、慌てて風見裕也は、ラッキョウをカレーに入れた。
 
 
美味しそうにカレーを口に運ぶ降谷零。
それに続けと激辛カレーを食べた風見裕也
 
 
「かなり刺激が強い」という激辛カレー。
風見裕也の反応はいかに
 
 
「ゼロの日常」第15話は、カレーを通じて、風見裕也の人間味が溢れるストーリーとなっている。

「ゼロの日常」第15話の感想

以前のストーリーでは、「セロリ好き」という意外な一面が明らかになった降谷零。

苦手な人が多い分、「味覚が変わっているのでは?」と疑惑が生まれたものだ。

しかし、今回カレー屋で降谷零が注文したのは、中辛のチキンカレー
定番のメニューと思えるだけに、逆に拍子抜けしたものだ。
 
 
その一方で、風見裕也が注文したのは、激辛のビーフカレー

そのお店の辛さも知らないのに、激辛を頼むとは…
案外チャレンジャーな所があるのだ、と感じた。

辛いものには目がない」と話す風見裕也。

原作では、キャラクターの食の好みについてはなかなか描かれることがない。
そのため、貴重なエピソードと言えるだろう。
 
 
ちなみに余談だが、コナンの苦手なものについては、名探偵コナン特別編で描かれてたことがある。

それは、レーズン
理由は、原作者の青山先生がレーズンが大嫌いだから、というもの。
 
 
では、話を戻そう。

激辛カレーを一口食べた風見裕也

彼の表情を見て、そのカレーかいかに刺激が強かったか、ということを計り知れた。
 
 
「ゼロの日常」では、キャラクターが表情豊かに描かれるのも魅力の一つ。

特に、風見裕也に関しては、原作では無表情さが際立っている
そのため、こうした人間味に溢れたエピソードは、嬉しい限りだ。
 
 
とはいえ、風見裕也の降谷零への絶対的な肯定の姿勢はいかがなものだろうか。

いくら尊敬しているとはいえ、人間は一人一人違うもの。
食の好みくらいは、自由にしたらいいだろうに、と思うのは私だけだろうか。
 
 
そして、今回密かに注目されているのが、降谷零が発した台詞。

赤い福神漬けよりも白いラッキョウ」の「赤い」と「白い」が太字になっているのだ。
 
 
これは恐らく、降谷零の因縁の相手、赤井秀一を象徴しているのだろう。

思えば、降谷零が赤いものを身につけていた記憶はない。
そこまで意識するとは、彼の赤井秀一に対する因縁は、どれだけ深いのだろうか。
 
 
最近では、原作でついに直接対峙することとなった降谷零と赤井秀一

もし今後、二人の関係性が変わるようなことがあれば、「ゼロの日常」にも反映されるのだろうか。

どう原作とリンクしていくのか、その点も気になる所だ。
 
 
ちなみに、第15話で登場したカレー専門店
これには、モデルとなったお店があるようだ。
 
 
欧風カレー ボンディ
 
 
神保町にあるお店で、原作者の青山剛昌先生が行きつけとのこと。
一度食べたら忘れられない味、とうたっている。

見た所、ややお高めながら、メニューが豊富で好みのものが必ず見つかりそうだ。

第15話の中でも、かなりの人気店とされていた欧風カレー ボンディ。

今回の連載をきっかけに、お店にコナンファンが殺到することとなるかもしれない
 
 
詳しくはこちらを。

欧風カレー ボンディ 神保町本店 (Bondy) - 神保町/欧風カレー [食べログ]

 

Push7

Push7

無料posted withアプリーチ

「ゼロの日常」第15話まとめ

いかがだっただろうか。

「ゼロの日常」第15話では、公安警察官の降谷零と風見裕也が中心となって登場
和やか(?)にランチを楽しむシーンは、微笑ましいものだった。

連載を重ねるにつれて、反響が大きくなってきている「ゼロの日常」。
ここでしか描かれないストーリーには、今後も目が離せない。

 
 

名探偵コナンの1話からの動画を無料で見る方法とは?

「コナンの動画を1話から見たい」
「コナンの1話の動画を無料視聴出来ないの?」
「コナンの1話って見たことないんだけど、、、」

と名探偵コナンの動画を見たいという方もいらっしゃるかと思います。

『名探偵コナン』の動画はこちらのHuluで配信しています。

シーズン1(1話)から、、、


 
 
シーズン22(850話)まで無料視聴できるのはこちらのHuluのみです。


 
 
今なら、2週間無料お試しができますので、コチラからHuluの2週間無料をまずはお試しください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメント

error:Content is protected !!