ゼロの日常の3話のネタバレと感想は?安室透(降谷零)と風見裕也との深い関係とは?

週刊少年サンデーにて、今注目を集めている作品、「ゼロの日常(ティータイム)」。
これは、名探偵コナンの公式スピンオフ作品だ。

主人公となるのは、ルックスも中身も男らしく、女性に大人気の安室透
毎週「安室透」という人間を見られる、というだけに、楽しみにしているファンも多い。

今回は、「ゼロの日常」の第3話の内容と感想をまとめた。
 
 
 

「ゼロの日常」第3話の登場人物

ではまず、「ゼロの日常」の第3話に登場する人物についてご紹介しよう。
 
 
・安室透

独自の正義を掲げており、日本を守る29歳の公安警察官。
安室透」は偽名であり、本名は「降谷零」。

現在、黒の組織に捜査の一貫として、潜入している。
与えられたコードネームは、「バーボン」。

鋭い洞察力に加えて、高い身体能力を兼ね備えている人物だ。
 
 
・風見裕也

警視庁公安部に所属する警察官。30歳。
役職は警部補にあたる。

安室透こと、降谷零の部下にあたり、彼の右腕とも言える存在。

安室透が黒の組織に潜入をしていることを知っている、数少ない人物でもある。
 
 
 

「ゼロの日常」第3話の内容ネタバレ

では、「ゼロの日常」の第3話の内容についてご紹介しよう。
ネタバレを含んでいるので、未見の方はご注意を。
 
 
TIME.3 「眠くない…」

ビルの階段を駆け昇り、犯人を追いかけていた風見裕也
あと僅かまで追い詰めるも、犯人の取り出したナイフにバランスを崩してしまった。

危うく地上へ落下、という所だが、柵を掴んでなんとか踏みとどまる。
しかし、その隙を見て、犯人には逃げられてしまった。
 
 
犯人が向かったその先にいたのは、風見裕也の上司である、降谷零(=安室透)

降谷はネクタイを緩めながら、こう言った。

「風見をまいてきたのか…
ったく、後で説教だな」

 
 
ファイティングポーズをとる降谷零。
犯人は降谷に向かって、ナイフ片手に襲いかかる。

しかし、降谷はそれを見事に交わした
そして、「フェイントだ」と、犯人の腹にパンチをくらわせたのだ。
 
 
降谷零が犯人に手錠をかけた頃、ようやく追い付いた風見裕也。

犯人の連行後、そんな不甲斐ない部下に対して、降谷零は説教を始めた。

「ここのところ、精彩を欠いているんじゃないか?」と。

洞察力の鋭い降谷は、風見の目の下のクマを見て、寝不足に気付いたのだ。

報告書がたまっていて…、と言う風見裕也のお腹が丁度鳴る。
風見は、食事もろくにとっていなかったのだ。

「チョコレートを少々…」と言うが、降谷零に「それは食事とは言わない」と一刀両断された。
 
 

「犯罪者はこちらの事情などお構いなし…
体調を整え、常に最悪のケースを想定するのは、我々の最低限の仕事だろう?」

と、上司らしい、ごもっともな降谷の言葉が風見に刺さる。
 
 
正論を言われたことに、しょぼくれる風見。
それを見て降谷零は、職場に戻る前に寄り道しようと言い出した。
彼がオススメの旨い店があるらしい。
 
 
降谷零の車に乗り、カーナビを操作する風見裕也。
上司に運転させる訳にはいかない」と、あくまでも運転しようとする風見だが、降谷は無理矢理ハンドルを握った。

フラフラの君に、僕の車を傷つけられてはたまらないから」と。

 
 
しぶしぶ助手席に乗る風見裕也。
降谷零が運転する横で、「眠くない、眠くない…」と自己暗示のように、眠気と闘う
 
 
信号待ちでふと隣を見た降谷の目に映ったもの。
それは、ぐっすりと眠っている風見裕也の姿だった。

上司に運転させて、部下が眠りこけるなんて、食事しながら説教だな」と降谷零が言う。
しかし、彼の表情は柔らかく、満足げな様子だった。
 
 
最後には、和やかな二人の食事シーンも、ちらっと収録。


 
 

「ゼロの日常」第3話の感想

第1話では、喫茶ポアロのイケメン店員、安室透
第2話では、黒の組織のメンバー、バーボンとしての描写が多かった印象がある。

今回の第3話では、公安警察官の降谷零としてのポテンシャルの高さを感じるストーリーとなっていた。
 
 
ナイフを持っていた犯罪者を、パンチ一つで制圧する降谷零。
この時、パンチを繰り出した手が左だったことが、個人的には少し気になった。

前回、箸を持つ手は右手だったため、利き手は右と思われる。

降谷零が、「殺したい程憎んでいる相手(=赤井秀一)が左利き」と話しているため、勝手に降谷は右利きと認識していたのだが…

利き手でなくても、重要な一撃を食らわせるだけの威力が出せるとは…
さすが降谷零、といったことでいいのだろうか?
 
 
さらに今回は、降谷零の右腕と言われる、公安警察官、風見裕也も登場

風見が降谷に対して、絶対従順とも言える行動をした所。
これにより、降谷零が公安警察において、いかに地位の高い人物かということを思い知ることとなった

劇場版「ゼロの執行人」では、風見裕也がコナンに対して、「君の言う安室透という男は人殺しだ」というシーンがあったが…
このあたりの誤解が解けた後に描かれたストーリーだったのだろうか。
 
 
降谷零がどんなに頑張っても敵わない、ハイスペックな人物であること。
これは読者は勿論、風見だって感じていることだろう。
 
 
しかし、その反面では、部下を気遣う姿も見られた。
皮肉を交えながらも、助手席に風見裕也を追いやって、自ら運転する降谷零。
彼らしい、分かりにくいながらも、深い思いやりが詰まっていたのだ。
 
 
独自の正義を掲げていて、時には理解されがたい組織となっている公安警察。
それだけに、組織内の結束力というのは、他以上に強いのかもしれない。
 
 
今回は、風見裕也という人間味も感じることができた。
原作ではなかなか、その表情が描かれることはない。
まだそんなに原作に登場していない、というのも原因かもしれないが…
 
 
そんな風見裕也が、お腹を鳴らすという可愛らしい面を見せたり、降谷零に絶対従順の、宝塚顔負けの精神を見せたり。


 
 
これだけ様々な顔が見られるのも、この作品ならではの魅力なのかもしれない。

二人の出逢いのストーリーについても描いてもらいたい、と思うのは、私だけだろうか。
 
 

 

Push7

Push7

無料posted withアプリーチ

まとめ

いかがだっただろうか。
第3話では、降谷零という人間の凄みが、部下の風見裕也を通して伝わってくるストーリーとなっていた。

どんどん明らかになっていく、降谷零こと安室透。
ここでしか描写されないエピソードもあるため、コナンファンとしては目が離せない。

 
 

名探偵コナンの1話からの動画を無料で見る方法とは?

「コナンの動画を1話から見たい」
「コナンの1話の動画を無料視聴出来ないの?」
「コナンの1話って見たことないんだけど、、、」

と名探偵コナンの動画を見たいという方もいらっしゃるかと思います。

『名探偵コナン』の動画はこちらのHuluで配信しています。

シーズン1(1話)から、、、


 
 
シーズン22(850話)まで無料視聴できるのはこちらのHuluのみです。


 
 
今なら、2週間無料お試しができますので、コチラからHuluの2週間無料をまずはお試しください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメント

error:Content is protected !!